資料請求・各種お問い合わせ
本社
0120-32-2000
熊本南支店
0120-548-493
八代住宅展示場
0965-62-8000
宇土展示場
0964-53-9000
大津ショールーム
096-292-1100

電話受付時間: 10:00~18:00(年末年始は除く)

自由設計で理想の家が 実現できる在来工法

在来工法(木造軸組工法)とは、日本に古くから伝わる伝統工法を簡略化・発展させた、木材を使った建築工法です。柱と梁の軸組によって骨組みを作り、筋交い(すじかい)や耐力壁を用いることで耐震性、耐風性を実現しています。点と点を結ぶように柱や梁を備えるため、設計の自由度が高く、狭小地や変形地といった地形にも対応が可能です。また、建築後のリフォームにも対応しやすい工法でもあります。

在来工法のメリット

あなたの理想を実現する
在来工法の家

自由な間取り

柱と梁で組み立てられていく在来工法は、設計の段階からイメージ通りのデザインや間取りの希望が通りやすい工法です。それに対して、1つの面のサイズが決まっているツーバイフォー工法では、構造体となる壁を抜いてしまうと家の強度が落ちるため、ここをもう少し広げたい、ここを斜めにしたいと思っても自由に設計することができませんが、在来工法はその縛りがありません。

リフォームが比較的容易

間取りの自由度が高いということは、建築後のリフォームの間取り変更にも対応が可能です。ただし新築時の設計とは違い、「建物を支えるために変更できない柱や壁」もありますので、ある程度の制限はありますが、他の後方と比べれば比較的容易にリフォームが可能です。

施工できる選択肢が多い

日本で古来より使われてきた工法であるため、現在でも多くの住宅が在来工法で建築を行っています。そのため、多くの施工業者がこの工法で建築を行うため、専用の部材類も豊富に流通し、お客様の要望に応じて様々な施工を行うことが可能です。

開口を大きくとることが可能

壁で構造を作るツーバイフォー工法では大きな開口部をとることは難しいですが、在来工法は柱と梁からなり比較的壁も抜きやすい点も大きな魅力です。中庭のある家にすることでプライバシー性の高い住まいとすることもできます。